So-net無料ブログ作成
2010リーグ戦 ブログトップ
前の10件 | -

MVPはやっぱり楢さん! [2010リーグ戦]

こんばんは。

そうでしょう。そうでしょう。
やっぱりMVPは楢さんでしょう。
そう思ってましたよ。

●MVP
楢崎
●ベストイレブン
GK 楢崎
DF 槙野 闘莉王 増川
MF 中村憲 マルシオ 遠藤 ダニルソン 藤本淳
FW ケネディ 前田
●最優勝監督賞
PIXY

グランパスから5人!
これはスゴイです。
それにしてもダニルソンが入るとは思いませんでした。
外国人枠がある中、はいったのはスゴイですね。
それと増川!
一年前では想像すらできない成長振り!
問題はこの勢いを来季に繋げられるか?
常勝軍団になれるかが、来季の課題です。

<本日のグランパスニュース>
・安心感絶大“アニキ”楢崎 闘莉王も一目
http://www.sponichi.co.jp/soccer/flash/KFullFlash20101206100.html
今季、選手として最高の栄誉に輝いたのは34歳の楢崎だった。
Jリーグ18年の歴史で日本人最年長、そしてGKとして初の受賞。
笑みを浮かべながら「GKで受賞できたことにも価値がある。すべてのGKの励みになると思う」と、
晴れがましい壇上で胸を張った。
今夏のワールドカップ(W杯)では直前に川島(リールス)に定位置を奪われたが、
後輩GKに惜しみなく助言を送り続けた。
長年、川口(磐田)とともに日本のゴールを守り続けてきた守護神は、
W杯後に代表からの引退を表明したが、その反応や技量がさびついたわけでは決してない。
34試合すべてフル出場し、浴びたシュートは意外にもJ1で湘南に次いで多い483本。
数々のスーパーセーブでチームを救い、接戦をものにする勝負強さを体現し続けた。
仲間に与える安心感は絶大で、闘莉王さえも
「ナラさんは本当にすごい。兄貴のような存在」と一目を置く。
名古屋在籍12年。
代表のキャリアには自ら終止符を打ったが、クラブとして来年はアジア、そして世界へと打って出る。
「まだまだサッカーをエンジョイしたいし、まだまだ試合にも勝ちたい」。
貪欲な守護神は、さらなる向上心をたぎらせている。
⇒野球では無いけれど、まさに打たせて取るディフェンスが冴えました。

・ピクシーも史上初 選手と監督両方で最優秀賞
http://www.sponichi.co.jp/soccer/flash/KFullFlash20101206090.html
最優秀監督賞に選ばれた名古屋のストイコビッチ監督は
現役時代の1995年に最優秀選手賞を受賞している。
両賞に輝くのは史上初の快挙で「監督の経歴の中でも素晴らしいこと。誇りに思う」と感慨に浸った。
元Jリーガーが最優秀監督賞となるのも2006年に浦和を率いていたブッフバルト氏以来、2人目だった。
名古屋の監督就任3年目で、闘莉王や玉田、ケネディといった
タレント集団をまとめ上げてリーグ初制覇に導いた。
長い日本暮らしで盆栽が趣味という45歳。
受賞のスピーチでは「困難なときにいつもそばにいて支えてくれた」と
妻のスネジャナさんへの感謝を口にし、壇上で花束を手渡して喜びを分かち合った。
⇒連覇期待しています。

・名古屋が史上最低?の優勝報告会
http://www.nikkansports.com/soccer/news/p-sc-tp0-20101206-710559.html
Jリーグ史上最強の記録的Vを成し遂げた名古屋が5日、
名古屋市中心部で史上最低!? の優勝報告会を行った。
徹夜組含む4500人(主催者発表)が集まったが主役のストイコビッチ監督が体調不良で欠席。
けがの治療で渡欧中のMFブルザノビッチを除く全選手が参加したものの、
司会のスタジアムDJとゲストのOB小倉隆史氏のトークばかり。
選手の喜びの声はほとんど聞けなかった。
司会からムチャ振りされた数選手も仏頂面でおざなりなコメントに終始。
最後に楢崎主将が必死で気を利かせ、ストイコビッチ監督のお決まりのフレーズ
「ワレワレハ、ユウショウシマシタ」をパクってあいさつしたが盛り上がりはいまひとつだった。
前日4日の最終戦後には、まだ選手がカメラに尻を向けた状態で
ゴール裏から紙テープが大量に噴き出すフライングなど、一連のイベントはどれも不手際が目立つ。
真のビッグクラブへの道は、まだまだ険しそうだ。
⇒確かに会場のチョイスも、内容もイマイチでした。
 こういうのも含めて、連覇を目標にしましょう。 


2010-12-06 22:46  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ファン・サポーター優勝報告会と予想MVP [2010リーグ戦]

こんばんは。

疲れました。
『ファン・サポーター優勝報告会』。
一応行ってきましたが、
肉眼では誰ひとりとして見ることができませんでした。

だって。
人人人…
P1100270.JPG

人人人人…
P1100271.JPG

人人人人人…
P1100273.JPG

スポーツ紙曰く、4500人だそうです。

誰も拝むことができないまま、
YOYOヨースケと、小倉と、河村たかしの声だけが印象に残りました。

<本日のグランパスニュース>
・Jリーグ優秀選手 名古屋から楢崎、闘莉王ら最多7人
http://www.sponichi.co.jp/soccer/flash/KFullFlash20101205045.html
Jリーグは5日、今季の優秀選手賞29人を発表し、
J1で初優勝した名古屋からGK楢崎やDF闘莉王ら最多の7人が選出された。
4位の鹿島から6人で、3位に躍進して来年のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場権も
初めて獲得したC大阪からは3人が選ばれた。
FWには2年連続得点王の前田(磐田)と初の得点王に輝いたケネディ(名古屋)も名を連ねた。
この中から最優秀選手賞とベストイレブンが選ばれ、
6日の年間表彰式「Jリーグ・アウオーズ」で発表される。
GK
曽ヶ端 準 鹿島
楢崎 正剛 名古屋
DF
新井場 徹 鹿島
岩政 大樹 鹿島
今野 泰幸 FC東京
栗原 勇蔵 横浜
阿部 翔平 名古屋
田中マルクス闘莉王 名古屋
増川 隆洋 名古屋
茂庭 照幸 C大阪
槙野 智章 広島
MF
小笠原満男 鹿島
野沢 拓也 鹿島
中村 憲剛 川崎F
マルシオ・リシャルデス 新潟
藤本 淳吾 清水
ダニルソン 名古屋
遠藤 保仁 G大阪
家長 昭博 C大阪
乾 貴士 C大阪
FW
マルキーニョス 鹿島
エジミウソン 浦和
ラファエル 大宮
ジュニーニョ 川崎F
岡崎 慎司 清水
前田 遼一 磐田
ケネディ 名古屋
玉田 圭司 名古屋
平井 将生 G大阪
⇒意外と印象に残る選手は少ないですね。
 名古屋独占もあり得ます。
 GK 楢崎
 DF 槇野 増川 闘莉王 阿部
 MF マルシオ 野沢 遠藤 家長
 FW ケネディ 前田 玉田
 MVP 楢崎
 で、どうでしょう?
 楢さんは、やっぱりフルタイム出場が大きいと見ました!


2010-12-05 20:55  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

第34節 対サンフレッチェ広島 〇2-1 オブリガート! マギヌン! [2010リーグ戦]

こんばんは。
そしてお疲れさまでした。

今節で今シーズン終了しました。
長かったようで、短かったようで、長かったシーズンでした。

今日はキックオフ前から祝賀ムード満載。
優勝パネルありーの。(写っている小学生たちは無関係です)
P1100252.JPG
振る舞い酒の空ありーの。
P1100253.JPG
優勝の銀のシャーレ飾ってありーの。
P1100255.JPG
グランパスクンは黄金の冠かぶってりーの。
P1100257.JPG
トゥさんのランクル飾ってありーの。
P1100258.JPG
そして相手には獲得オファー中の槇野クンいーの。

スタメンは、左SBがアレックスでした。
確かにジュビロ戦の活躍を見れば、有り得たスタメンでした。
マギヌンはいつも通りスタメン。
P1100259.JPG
杉もいつも通りベンチスタートでした。
P1100260.JPG

そして試合前は「GO TO ASIA」。
そう。来季は2シーズンぶりのアジア挑戦。
負けられませんよ。
P1100261.JPG

前半の前半は、サンフレに押し込まれるものの、
決定期は作らせないという今年を象徴する内容。
そして中盤を過ぎると、中盤を圧倒します。
右に左にサイドチェンジしまくりの、
相手がワイドに開けば、真ん中に突っ込むなどやりたい放題。
1点目は、トゥさんからのロングフィードを、
小川がナイストラップでかわし、センターリング。
真ん中でジョシュアが難なく決めて先制。
2点目は中盤でのインターセプトから、
玉田がマギヌンにスルーパス。
マギヌンが浮かし気味強シュートで追加点。
そしてロスタイムに何故か、李に決められ2-1で折り返します。
この失点は不要だったね。
ミスターも怒ってました。

後半は途中から杉本を、その後阿部と金崎を投入。
お互い攻め合うも、無得点で終了といった感じ。
杉本のGOODクロスがあったものの、ジョシュア決めきれず、
単独得点王を逃しました。

試合終了後は、楢崎とミスターのスピーチに、場内一周。
↓はグランパス一家と、杉本一家と、ケネディ一家と、ミスター。
P1100267.JPG
サポーターと記念撮影といった感じでした。
P1100269.JPG
追加のコメントはまた明日以降にでも・・・

<本日のグランパスニュース>
・マギヌンさよならゴール
http://www.nikkansports.com/soccer/news/f-sc-tp0-20101204-710091.html
リーグ王者名古屋のブラジル人MFマギヌン(28)が有終の美を飾った。
今季での退団が決まっており、8日にブラジルに帰国するためこの日が名古屋でのラストマッチだった。
区切りの試合で、サポーターの大声援を受け好プレーを連発。
前半32分にはFW玉田圭司(30)の見事なスルーパスを受け、左足で惜別ゴールを決めた。
ゴールを決めると選手が集まって祝福。
最後尾のGK楢崎正剛(34)もピッチを縦断して駆け寄ってきた。
誰からも愛された助っ人は「本当に幸せな気持ちでいっぱい。
待ちわびたゴールを決められて良かった」と感慨に浸った。
⇒かっこよかった。痺れました。

・闘莉王、ケネディが治療へ…天皇杯は欠場
http://www.sponichi.co.jp/soccer/flash/KFullFlash20101204118.html
DF闘莉王が右膝内側側副靱帯損傷の検査と治療のため、8日に故郷のブラジルに渡ると発表した。
またFWケネディも腰椎椎間板障害の検査と治療で10日にオーストラリアへ帰国する。
クラブによると、両選手とも来季のチーム始動に合わせて戻る予定で、
名古屋が準々決勝に進んでいる天皇杯全日本選手権の残り試合は欠場する。
⇒やはり・・・。
 現実的にはありかと思います。
 今年はW杯もあったし、じっくり怪我を治して来季に備えましょう。
 でも残りの面子で天皇杯取ったら、マジですげぇな。

・槙野 名古屋と最終戦で「縁があるのかな」
http://www.sponichi.co.jp/soccer/flash/KFullFlash20101204130.html
名古屋が獲得を目指している広島の日本代表DF槙野は
「豊田(スタジアム)で試合をしたのは初めて。
素晴らしい環境だし、最終戦で名古屋とやるのも縁があるのかな」と話した。
来季の所属先については「いろんな人と相談して決めたい」という。
23歳のホープは「2014年ブラジルのワールドカップ(W杯)で選ばれて活躍するプランがある。
サッカー人生は短い。いい決断をしたい」と、4年後の高い目標を掲げた。
⇒まぁ来たとしても、出場できるかは別問題。
 本当に来るのかな?
 今日はケネディとぶつかって痛そうでしたね。


2010-12-04 23:08  nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

第34節 対サンフレッチェ広島 希望スタメンと展望 [2010リーグ戦]

こんばんは。

いよいよ最終節です。
長かったシーズンもようやく終了です。
明日は優勝の美ということで、絶対に勝ちましょう。
そしてシーズン最多勝利と最多勝ち点(タイ記録)で締めましょう。

そんな中、
・マギヌン4日ラストマッチ
http://www.nikkansports.com/soccer/news/f-sc-tp0-20101203-709598.html
名古屋は3日、契約満了に伴い今季限りで退団するブラジルMFマギヌン(28)が
8日に母国ブラジルに帰国すると発表した。
天皇杯には出場しないため、4日の広島とのリーグ最終戦(豊田ス)が
助っ人の名古屋ラストマッチとなる。
3年間在籍した名古屋での区切りの試合を前に、
マギヌンは「今まで名古屋で過ごした時間は本当に幸せだった。
3年間、自分なりに良い仕事ができたと思う。
明日の広島戦ではゴールを決めてパフォーマンスができるように頑張りたいが、
何より大切なのはチームの勝利。
このチームを離れなければならないのは本当に寂しいが、
またチャンスがあって戻ってこられればと思う」と熱い思いを口にした。
⇒というわけで明日は、ラストマギヌン!

<希望スタメン>
GK 楢崎
DF 田中隼 闘莉王 増川 阿部
MF ダニルソン 中村 マギヌン
FW 小川 ケネディ 玉田
SUB 高木 千代反田 アレックス 吉村 巻 杉本 金崎

まぁほぼベストメンバー。
名古屋の中盤を支えたマギヌンのラストマッチ。
マギヌンは攻めのアクセントでした。
持てる・タメの作れる重要な選手。
のらりくらりと中盤をうろつき、数多くの決定期を創造してきました。
明日もその活躍期待しています。
何となくですが、点を取ってくれそうな気がします。
最後はカニダンスで締めて欲しいです。

それとスギーニョのリーグ最終戦。
こちらは後半20分過ぎかと思いますが、
思う存分走り回って欲しいです。


2010-12-03 23:00  nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

優勝記念雑誌あれこれ [2010リーグ戦]

こんばんは。

いろいろ出てましたねぇ。
優勝記念雑誌。
愛知県の書店ではサッカー雑誌コーナーを埋めていました。
長年買っている私でも、
どの雑誌がサッカーマガジンかサッカーダイジェストか
全く区別がつきませんでした。
なにせどの雑誌も表紙の写真が同じだから。
数秒間の間の違いだけです。

買ったもののまだすべてを読めていません。
どの雑誌もかなりの量ですもの。
年末年始の暇な時にじっくり読みたいと思います。

①週刊サッカーマガジン
P1100251.JPG

②週刊サッカーマガジン 優勝記念号
P1100246.JPG

③週刊サッカーダイジェスト
P1100247.JPG

④週刊サッカーダイジェスト 特別号
P1100248.JPG

⑤月刊グラン 増刊号
P1100249.JPG

タグ:グランパス


2010-12-02 21:32  nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ランクル賞はトゥさん [2010リーグ戦]

こんばんは。

・第16回愛知トヨタ「グランパスランクル賞」受賞選手のお知らせ
http://nagoya-grampus.jp/information/pressrelease/2010/113016.php
◇最優秀選手賞
 田中 マルクス闘莉王 選手(ランドクルーザー)
◇優秀選手賞
 楢崎 正剛 選手(賞金)
 玉田 圭司 選手(賞金)
 ジョシュア・ケネディ 選手(賞金)
□フレッシュグランパス賞
 金崎 夢生選手(賞金)
□敢闘賞
 田中 隼磨選手(賞金)
⇒さぁランクル賞はトゥさんでした。
 JのMVPは誰でしょう?
 巷の予想では、楢崎・闘莉王・ケネディの3選手が候補のようです。
 タリック的には、リーグ戦全試合出場の楢崎でしょうか?
 トゥさんはリーグ終盤は欠場気味ですし、
 ケネディは得点王がブッチギリというわけでは無いし。
 ちなみに12/6のJリーグアォーズで発表されます。
http://www.j-league.or.jp/release/000/00003789.html


2010-12-01 21:57  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

第33節 対ジュビロ磐田 〇2-1先行逃げ切り [2010リーグ戦]

こんばんは。

いやいやスタメン予想は困難を極めます。
トゥさんでないし・・・。
CBは増川&千代反田、
左SBにはアレックス、
リザーブには、新太が入りました。

試合の方は、
小川の直接FKと、玉田のミドルがDFに当たってコロコロゴール。
今の名古屋に2点差は十分でした。
前田に1点返されましたが、2-1で終了。

やっぱり勝つっていいですねぇ。
これで勝ち点69。
特に意味はありませんが、70台に乗せたいですね。

一つ思ったのですが、
サックスブルー(HOME)×白(AWAY)のユニォームって、区別付きにくくないですか?
昔は、赤だった気がするんですが。
夕方の西日が重なると、もうどっちがどっちやら・・・

<本日のグランパスニュース>
・玉田ゴール!粟生に刺激/J1
http://www.nikkansports.com/soccer/news/f-sc-tp0-20101127-707367.html
リーグ王者の名古屋FW玉田圭司(30)が今季リーグ13点目となるゴールで、後輩の快挙を祝った。
前夜は習志野高の後輩、プロボクシングの粟生隆寛(26=帝拳)が
WBC世界スーパーフェザー級王座を奪取し、2階級制覇を達成した。
“習志野魂”を発揮した後輩の戦いから受けた刺激を、早速結果につなげた。
玉田はリーグ最多得点をまた1点更新する自らのゴールよりも、
後輩粟生の勝利を「本当にうれしいよね」と喜び、笑顔で帰りのバスに乗り込んだ。
⇒玉田13点、ケネディ16点のFWがいれば、
 優勝出来るわけです。

・闘莉王「らしいじゃん」/J1
http://www.nikkansports.com/soccer/news/f-sc-tp0-20101127-707320.html
リーグ王者の名古屋がMF小川佳純(26)の見事な先制FK弾と、
FW玉田圭司(30)の今季リーグ13点目となるゴールで磐田を下した。
これで今季リーグは連敗なしが確定。王者の安定した強さを示した。
会場には右太もも裏痛で欠場した日本代表DF田中マルクス闘莉王(29)が応援に駆け付けた。
ブラジルから来日中の父パウロさんとともに愛知からやって来た闘将は
「面白かったね。うちらしい(試合)じゃん」と、勝負強さを示す1点差勝利に納得の笑顔だった。
⇒最近はすっかりスタンド観戦が板についてきました。
 リーグ戦終わった後の天皇杯はどうするのでしょうか?
 来季に向けて休養してもいいかと思います。




2010-11-27 22:25  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

第33節 対ジュビロ磐田 希望スタメンと展望 [2010リーグ戦]

こんばんは。

優勝後の3試合。
何とも言えない難しさがありますね。
ただシーズンを通して連敗だけは避けたいですね。

<希望スタメン>
GK 楢崎
DF 田中隼 闘莉王 増川 阿部
MF 吉村 中村 マギヌン
FW 小川 ケネディ 玉田
SUB 高木 千代反田 松尾 アレックス 花井 巻 杉本

なんだか優勝ボケで、身が入らない感じです。
きっと選手もそうなんでしょうか?

明日は得点王争い(ケネディ対前田)があるくらいでしょうか?
そういえば、最近ジョシュアは点取って無いなぁ。
セレッソ戦以来??
ここらで取っておかないと、得点王も危うい気がしますね。

<本日のグランパスニュース>
・名古屋グランパス ファン・サポーター優勝報告会のお知らせ
http://nagoya-grampus.jp/information/pressrelease/2010/1126post-327.php
名古屋グランパスでは、2010J1リーグ初優勝を果たし、
ファンやサポーターの皆様へ優勝報告会を開催することになりましたのでお知らせいたします。
□日時   12月5日(日)14:00~15:00(開場 12:00) ※入場無料
□会場   久屋大通公園「光の広場」  ※雨天決行
□参加者  監督、選手、コーチ、サポートスタッフ 約50名
□司会   名古屋グランパス スタジアムDJ  YO!YO!YOSUKE
□ゲストコメンテーター   小倉 隆史 氏
⇒晴れるといいなぁ~



2010-11-26 22:21  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

第33節 対ジュビロ磐田 因縁の古巣対決 [2010リーグ戦]

こんばんは。

今週末は磐田戦。
今年の磐田戦には、アイツがいます。
そう。
古賀正紘。

・磐田DF古賀が次節古巣名古屋戦で復帰
http://www.nikkansports.com/soccer/news/p-sc-tp0-20101125-706409.html
左ふくらはぎ筋膜炎で離脱していた磐田DF古賀正紘(32)が、24日の練習で復帰した。
大久保グラウンドでの練習で、鹿島戦の先発を除いたメンバーとともに練習を行った。
ミニゲームもこなし復調をアピール。
ホーム最終戦となる名古屋戦(27日)に向けて、古賀は
「試合は監督が決めることだが、僕としては準備したい」と、
3試合ぶりの復帰に照準を合わせた。
06年まで10シーズンでプレーした古巣戦にいい思い出はないという。
柏に移籍した1年目の07年、1戦目を出場停止で欠場すると、
2戦目は前半33分に1発レッドで退場処分となった。
さらに2年目の3戦目は試合終了間際に警告2枚で再び退場。
「気負ったつもりはないけど、結果的に気負っていたのかもしれない」と振り返った。
それでもGK楢崎とは家族ぐるみの付き合いがあり
「やれるチャンスがあれば、ぜひやりたい」と意欲を見せた。

古賀君はこの通り、古巣戦はかなりやっちまっています。
まぁ昔から退場は多かったけど・・・。
ケネディとのヘディング対決は楽しみです。

古賀inジュビロSで思い出されるのは、
2006?2005??
杉本のJデビュー戦での、CKからのヘディングシュート。
あれは凄かったです。
初めて行ったジュビロSだったのでよく覚えています。


2010-11-25 22:03  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

第32節 対FC東京 優勝しても実力に大差なし [2010リーグ戦]

こんばんは。

昨日感じたことは、
優勝したとしても圧倒的な強さは無いということ。
少しのモチベーションやコンディションの差で、
あっという間に立場が逆になること。

東京は明らかに勝ち点に飢えていました。
そのモチベーションがすべてでした。

確かに今シーズン、取りこぼし無しで優勝しましたが、
その中でも際どい試合はいくつもありました。
AWAYの仙台戦、東京戦、神戸戦など、
挙げ出したらきりがありません。
その中を勝ち切れただけで、実力がずば抜けてあった訳でも無し・・・。

ともかく、慢心している暇はないのです。
更なる向上が必要なのです。


2010-11-24 22:22  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

前の10件 | - 2010リーグ戦 ブログトップ