So-net無料ブログ作成
2012へ! ブログトップ
前の10件 | -

バクチュー、アベショー。 [2012へ!]

こんばんは。

確かに阿部ちゃんのゴールはナビスコだけ。
いい加減にリーグ戦でも見てみたいですね。

・阿部バック宙宣言 J初ゴール決めてパフォーマンス
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/grampus/news/201202/CK2012022902000005.html
名古屋グランパスのDF阿部翔平(28)が28日、
ド派手な「宙返り」ゴールパフォーマンスの実行へ意欲を見せた。
阿部はJ通算6年間で165試合に出場して得点は「0」。
今年こそ念願のJ初ゴールをたたき込み、得意のバック宙でファンと喜びを分かちあう。
選手たちから驚きの声がもれた。
28日の練習の合間、「やってみろよ」という周囲の声に押されるように、阿部が助走を開始。
バック転から華麗なバック宙をピタリと決めた。
阿部は「体操は昔から得意だったんです。小学生のころにはできていました」とニコリ。
ウルトラCの大技に触発されたDF闘莉王が「オレも」とでんぐり返しをする“おまけ”も付いた。
阿部は「ゴールパフォーマンス? 余裕があったらやってみたいですね」と
グラウンド上での再現に意欲満々。


2012-02-29 23:23  nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ふんどしをしめる [2012へ!]

こんばんは。

今日は松本との練習試合。
大勝かと思いきや、引き分けっていうのが
この時期にはいい薬と思って、今日は納得しましょう。

・vs 松本山雅:結果のお知らせ
http://nagoya-grampus.jp/information/practicegame/2012/0225vs-95.php
2月25日(土:14時キックオフ)に行われた松本山雅FCとの
練習試合の結果をお知らせ致します。
[試合結果]名古屋:1-1:松本山雅FC
    (1本目:0-0/2本目:0-0/3本目:1-1)
【先発メンバー】
楢崎・田中(隼)・闘莉王・増川・阿部・ダニルソン・中村・小川・金崎・玉田・永井
【得点】
3本目4分:田口
⇒交代出場は割愛しますが、
 この面子+淳吾+磯+ジョシュアがメインメンバーでしょう。
 このトップメンバーにいかにセカンドメンバーが切り込めるか?
 好調の田中輝とか、今日は田口が得点でアピール。
 水野・田鍋も虎視眈々といった感じでしょうか?
 こんなにセカンドメンバーが気になるシーズンも稀ですよね。
 今年は色んな意味で楽しみだぁ~


2012-02-25 22:50  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

キャンプ終了&ニッキは見送り。 [2012へ!]

こんばんは。

昨日キャンプ終了。
お疲れさんでした。
トヨスポで最後の仕上げといきましょう。

・戦術、体力面で成果 J1名古屋がキャンプ終了
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/jleague/headlines/20120221-00000016-kyodo_sp-spo.html
2年ぶりのJ1王座奪取を目標に掲げる名古屋が21日、大分県別府市でのキャンプを打ち上げた。
ストイコビッチ監督は「体力、戦術とハードな時間を過ごせた」と13日間の成果を強調した。
最終日は仕上げにJ2大分と練習試合を行い、MF小川の2得点など3-1(前半1-0)で勝った。
キャンプで本格的に挑戦した3-4-3の布陣で臨み、
スペースを突かれる課題も残ったものの、DF闘莉王は
「ポジショニングの修正は必要だがボールも運べるし、去年と違うことをやるのも大事」と評価した。
2年連続得点王のFWケネディは腰に不安を抱えて欠場したが、開幕には間に合いそうだ。
昨季から大きな戦力の上積みがない中、従来の4-3-3に加え、
闘莉王、増川に新加入のダニエルと大型DFが並ぶ3バックをオプションに導入。
ボール支配率を上げることなどを狙って、習熟に時間を割いた。
指揮官はバルセロナ(スペイン)を例に挙げ「進化が必要。相手を驚かす要素となる」と説明した。
⇒自分は3バック否定派なんでね。
 かく乱戦法的な使い方ならばいいけど・・・。

・金崎、合宿の成果だ!2アシスト
http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/jleague/news/20120221-OHT1T00194.htm
別府合宿最終日の21日、J2大分戦で先発組に入った名古屋のMF金崎が
2アシストの活躍で3―1勝利に貢献。
腰痛で長期離脱中のFWケネディの代わりに「まだ不慣れ」という1トップで躍動。
合宿中の3試合で2得点、3アシストと結果を出した。
「気合、動き、突破力、アシスト、今の金崎は素晴らしい」と
3バックのテスト失敗に不機嫌だったストイコビッチ監督も笑顔。
⇒この人の活躍が今季の運命を握る可能性高いですからね。
 永井は今日の試合で怪我してなければいいけど・・・
 あの様子はきっと打撲かと思いますが。

・ピクシー、ハーフナー弟の昇格見送り
http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/jleague/news/20120220-OHT1T00228.htm
名古屋のストイコビッチ監督は20日、FWマハーフナー・マイクの弟で
別府合宿に参加中のDFハーフナー・ニッキ(名古屋U―18)のトップ登録について
「ポテンシャルは高いが、若すぎる。現時点ではノーだ。今季中はないだろう」と見送る意向を示した。
身長196・5センチの大型新人は「勉強になっている」とDF闘莉王に
直接指導されるなど日々成長中だが、Jデビューは先の話となりそうだ。
⇒まぁ気にするなニッキ。
 ケガ人続出すれば2種登録必至です。
 来季もユースを頼むぜ!


2012-02-22 23:18  nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

若者ネタ多し。 [2012へ!]

こんばんは。

例年になく若者ネタが多いです。
良い兆候だ・・・。

・豪快!新人田鍋は「ナタ」走り
http://www.nikkansports.com/soccer/news/f-sc-tp1-20120219-906159.html
名古屋の黄金ルーキー、MF田鍋陵太(18=三菱養和SCユース)が、
プロになって初めてのキャンプで順調にメニューをこなしている。
大分・別府キャンプも19日で11日目を迎えた。
ここまで練習試合2試合ともに途中出場し、右サイドで豪快な突破を披露。
控え組でのプレーだったが、早速、高い潜在能力を印象付けている。
今季チームは3バックに本格的に取り組んでいる。
加えて、ドラガン・ストイコビッチ監督(46)ら首脳陣は選手に対し、
戦術的な決まり事をしっかり遂行することを求め、目を光らせている。
高卒ルーキーにとっては日々、学ぶことばかり。
多少の戸惑いはあるようだが、戦術をしっかり身に着けながら、
虎視眈々(たんたん)とアピールのチャンスを狙っている。

・新人水野にピクシーぞっこん
http://www.nikkansports.com/soccer/news/f-sc-tp0-20120219-906157.html
名古屋の大分・別府キャンプで、急激に評価を上げている無名の新人がいる。
名古屋のU-18(ユース)から昇格したMF水野泰輔(たいすけ、18)。
身長170センチと小柄だが、中盤での落ち着いたボールさばきが光る。
戦術練習でも主力を相手に中央から好パスを散らし、サラリとアピール。
ドラガン・ストイコビッチ監督(46)のハートもつかんだ。
まだ寒さ厳しい大分・別府で、背番号30を背負うルーキーが時折、
司令塔の代名詞である“10番”のようなプレーをみせている。
戦術練習では中盤中央に入り、ためを作って、うまくサイドの選手にスルーパスを供給。
ボールの持ち方が良く、パスも正確で味がある。
パスにメッセージを込めて前線の味方をうまく生かすことができる、
名古屋にはいないタイプのMFで、一気に評価を上げた。
ストイコビッチ監督も「ミズノは、クレバーなプレーをする」と自らその名を挙げ、好印象を口にし続けている。

・ピクシー「イソムラサンは代表だから…」
http://www.nikkansports.com/soccer/news/p-sc-tp1-20120219-905805.html
日本代表に初選出された名古屋MF磯村亮太(20)が18日、
キャンプ地の大分・別府市内での福岡大との練習試合に先発した。
珍しく主力組に入り中盤で前半45分間プレー。「いい感じでできました」とまずまずの内容。
先発に抜てきしたストイコビッチ監督は「イソムラ“サン”は代表選手。
先発じゃなければザッケローニ監督もガッカリするだろ」と“ご祝儀先発”で一層の奮起をうながした。
試合は7-1で名古屋が完勝した。

・ハーフナーの弟・ニッキが合流
http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/jleague/news/20120217-OHT1T00230.htm
日本代表FWハーフナー・マイク(24)=フィテッセ=の実弟で
名古屋ユース所属のDFニッキ(17)が別府合宿中のトップチームに初合流した。
「みんな技術、スピード、フィジカルすべてが上」と緊張の面持ち。
兄より2・5センチ高い196・5センチのハイタワーは、DF闘莉王に個別指導されるなど期待十分。
ストイコビッチ監督の評価次第でトップチームに登録される。

こんなに主力以外の話題が紙面をにぎわすのはなかなか無いですよね。
長年の課題である若手からの底上げが、今年は期待できますね!


2012-02-19 21:39  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ムゥはキーポイント。 [2012へ!]

こんばんは。

キャンプも数日経ちましたが、けが人も無く順調な仕上がりでしょうか?
この人は去年の不調に今年は発奮できるでしょうか?

・金崎、第2の故郷でレギュラーつかむ
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/grampus/news/201202/CK2012021302000003.html
やはりこの男はモノが違うのか。
金崎の放った鮮烈な一撃に、見守ったファンや関係者がどよめいた。
右足インサイドでボールをこすり上げながら強くたたき、勢いと曲がりを両立させたスーパーシュート。
DF闘莉王ら主力組守備陣の間をぬい、GK楢崎も一歩も動けずゴール右上隅に吸い込まれた。
フィジカルと技術を併せ持つ金崎ならではの芸当に、
「インサイド? そうっすね。巻くような感じで狙いました。
自分の得意なプレーのひとつではありますね」と事もなげに解説した。
ほぼ毎日紅白戦を行っている今キャンプ。金崎の球際での激しさは随一だ。
ピッチ内だけではなく、練習場への行き帰りは同年代以下の若手を率いてランニングで往復。
一方で、練習後は入念な筋肉のケアも欠かさない。
昨年は2度の左太もも裏肉離れで離脱し、わずか12試合371分無得点とポジションを失った。
あえて口には出さないが、背中から復権への意欲をほとばしらせている。
「今年はもっと自分のプレーを出していきたいですね」。
ピッチに立てさえすれば、輝く自信はある。
第二の故郷を熱い声援を支えに、昨年ためた鬱憤(うっぷん)を倍にして晴らすつもりだ。
⇒リーグ戦得点ゼロは、驚きでした。
 前半はACLでも点獲っていたので、そんなイメージは無かったです。
 確かに去年は怪我。治っては怪我。治っては怪我。の繰り返しでしたね。
 ある意味去年のチームプラスαになるとしたら、ムゥということになるのでしょうか?
 トップは、ムゥ・ズミ・永井とポジション争い熾烈ですから、
 頑張ってもらいたいですね。
 (怪我にはくれぐれも注意!)


2012-02-13 22:43  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

某選手とフットサルしました。 [2012へ!]

こんばんは。

先週?いや先々週に、グラ某選手とフットサルをやる機会がありました。
そのエピソードを少し。

フットサルといっても体育館でのミニサッカー。
某選手と一緒のチームでプレーしましたが、
 ・判断が早い
 ・無駄なプレーが無い
 ・ミスが少ない
 ・よく走る
に尽きます。

自分は判断が遅いので、ワンツーをもらい損ねました。無念・・・。
パス&ゴーもすごいですわ。
出したら走る。
はたいたら走る。
普通の人の2歩くらい前を走っています。
これがプロなのかな?と。
ねぇgetsさん。

getsさんの感想もほしいわ。


2012-02-11 23:35  nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

CB巻&サテライトリーグ復活? [2012へ!]

こんばんは。

キャンプが始まるとネタが多くていいですね。
まずは昨日のネタを一つ。

・ピクシー3バック構想のキーマン、DFの巻
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/grampus/news/201202/CK2012020902000009.html
「登録がFWになっていて、逆に僕がビックリした。
DFとして帰ってきてくれと言われていたので。こだわりは特になかった。
必要とされて、試合に出られるチャンスがあるなら」。
あっけらかんとした口調で、巻はDF再転向の感想を語った。
6、7日に行われた短時間のフォーメーション練習でも3バックの右でプレー。
『DF・巻佑樹』として、新たな一歩を踏み出した。
本格的なDFでのプレーは駒大1年時にFWに転向して以来、実に9年ぶり。
09年10月25日の磐田戦でDFでプレーしたことはあるが、
これはあくまで一時的なチーム事情によるものだ。
今季もFWケネディの離脱時に逆にFWに入る可能性もあるが、本人は常時併用案には後ろ向き。
「いろいろ考えるのは…。ただでさえあまりやってないDFなので」と、DFに専念したい考えだ。
チームに本職のセンターバックは闘莉王、増川、ダニエル、新井の4人しかいないため、
今季ストイコビッチ監督が導入を探っている3バックの実現には、巻の存在が重要になる。
「もう一度サッカー小僧になって、たくさんやりたい」。
もはやゴールの快感に未練はない。サッカーに飢えた巻が、ゴール前の鉄壁となる。
⇒いやー、あの磐田戦のCB覚えてますよ。
 空中戦には安定感あるものの、フィードのぎこちなさといったら・・・。
 あの試合GKは長谷川君だし、ハットトリック決められてながらも
 引き分けに持ち込んだっていう笑える試合。
 次にCB巻が出場する試合は勝ってもらいたいものです。

・サテライトリーグの復活を検討
http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/jleague/news/20120209-OHT1T00244.htm
Jリーグのサテライトリーグの復活が検討されていることが9日、分かった。
Jクラブの代表者らで構成されるマッチメーク委員会で議題に挙がっている。
出場機会の少ない若手ら2軍選手が、貴重な実戦機会の場として92年~09年まで設けられていたが、
タイトな日程、資金不足のため10年から休止されていた。
だが、今季からJ1リーグ戦が原則土曜日開催となり
、日曜日が各クラブ共通の空き日となったことで調整しやすくなったため、再開を検討中だ。
⇒これは賛成だね。
 サテライトは重要試合経験になりますし、
 主力クラスの復帰へのリハビリにもなるし・・・。
 練習試合でトヨスポだと見にくいしね。
 三重とか多治見とか関とか、よく行きました。
 ただエリアは限定したほうがいいかも?
 昔は徳島と同組で大変だったもの。
 関東・中部関西・四国・九州だとやりやすいかな?
 Jに限らず、JFLとかも入れれば良い気もします。


2012-02-10 22:43  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

キャンプIN! [2012へ!]

こんばんは。

いよいよキャンプIN!!
ケガ無く、無事に名古屋に帰って来てください。
祈ることはそれだけです。
あとインフルエンザの集団感染にもお気をつけて。
http://nagoya-grampus.jp/information/clubteam/2012/02091-13.php


2012-02-09 23:47  nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

3バック恐怖症。 [2012へ!]

こんばんは。

・ピクシー挑戦、攻撃的3バック
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/grampus/news/201202/CK2012020802000011.html
名古屋グランパスのストイコビッチ監督(46)が7日、「3バック」の本格導入に着手した。
始動3日目にしてDF闘莉王、増川、ダニエルの3人を最終ラインに並べて実戦形式の練習を実施。
指揮官が「攻撃的になる」と語る新布陣をオプションに加えることで、
攻撃サッカーのレベルアップを目指す。
これぞ2012年バージョンの新布陣だ。
GKを外し11対11で行われた変則の実戦形式練習で、
前半の主力組は昨年通り阿部、増川、闘莉王、田中隼の4バックだったが、
後半の最終ラインは左から増川、新加入のダニエル、闘莉王に変えた。
阿部と田中隼の両サイドが高いポジションを取る3バックシステムだ。
ストイコビッチ監督が「戦術的な練習というより、守備の確認。トレーニングだよ」と
苦笑したようにまだまだ試行錯誤の段階。
とはいえ、両サイドを起点に崩す場面もあり、3バックの「形」はチラリと見えた。
阿部は「3バックだと状況に応じて高い位置も低い位置も取れる。サイドでの自由さは増す」と証言。
増川は「ダニエルはスピードがあるいい選手。
(3バックに)違和感はないし、いいオプションになる」と語った。
3バックはストイコビッチ監督があたためている“秘策”の一つだ。
闘莉王、増川の鉄壁コンビに加えて、今季は身体能力の高いダニエルが加入。
「一番のメリットは3人を併用できること」とピクシー監督。
他チームがうらやむ強力な3人のセンターバックをフルに生かすことができる。
⇒いやー僕は昔から3バック恐怖症ですね。
 4から3に変えて大成したことありません。
 むしろ降下してった感が・・・。
 攻撃的に行くならば、4バックのまま、
 闘莉王あげてのツインタワーの方が効果あると思うけどな。
 それとサイドバックが個で抜くタイプではないために、
 サイドがノッキング状態に陥る可能性も。
 まぁともかく3バックは慎重に行きたいですな。


2012-02-08 22:43  nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

結局、残留。 [2012へ!]

こんばんは。

なんだかんだで残留決定です。

・闘莉王グラ残留
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/grampus/news/201202/CK2012020602000003.html
ブラジル・ボタフォゴからオファーを受けているDF田中マルクス闘莉王(30)は、
グランパスに残留する見通しとなった。
5日の練習を前に久米GMと会談。強く慰留された。
闘莉王は「話すのは明日にしたい。きょうブラジルに電話する」と結論を明らかにしなかったが、
ボタフォゴ側には断りの連絡を入れるようだ。
練習ではチームメートの輪の中でときおり笑顔を見せながら体を動かした。
3日の来日後に「残るとなったら優勝を目指してやる。
昨年の悔しさを忘れちゃいけない」と語っており、
気持ちはグランパスでのV奪還へと切り替わっているもようだ。
⇒結果的には残留でよかったです。
 これでようやくシーズンスタートといった感じでしょうか?
 それにしても、トゥは来年こそは居ないかも・・・
 今年優勝したら、快くブラジルに飛び立つ感じがします。
 まぁそんなストーリーが結構リアルだったりするかも知れません。
 今年のうちにいかに新井君が成長するか?も大事な気がします。


2012-02-06 22:49  nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

前の10件 | - 2012へ! ブログトップ